【徹底比較】中級者アイアン、どれを選べばいい?おすすめ7モデル 2024

スポンサーリンク
※当サイトのコンテンツには広告が含まれています。
スポンサーリンク
  • 飛距離を伸ばしたい
  • コントロールしやすいクラブが欲しい
  • 打感がよく抜けのいいモデルを使いたい
  • キャビティヘッドのグースの強いアイアンはひっかかってしまう
  • スピン量を調整しやすいクラブが欲しい
  • 女子プロが使っているアイアンを使いたい

楽しみでやっているゴルフなので自分好みのカッコいいアイアンでプレーしたいですよね。

プロモデル(アスリート)とアベレージモデルの中間に位置する希少な「コンパクトヘッドアイアン」最新モデル7機種を紹介します。

ナオ
ナオ

こんにちはクラブフィッターのナオです
道具選びのプロとして20年以上ゴルファーのサポートをしています

「プロモデルっぽいシャープなヘッドなのに簡単、飛ぶ」2024年版、7モデルです。

紹介するクラブは

ミズノ
ミズノプロ245(7番 ロフト30度)
(ドローヒッター、弾道コントロール)
6本セット 標準スチール(#5~PW) ¥151,800(税込)
別売り #4(21.5度) GW(48度)¥25,300(税込) 

ヤマハ
RMX VD/M(7番 ロフト31度)
(ドローヒッター、弾道コントロール)
6本セット 標準スチール(#5~PW) ¥132,000(税込)
別売り #4(22度 特注) ¥22,000(税込)

ブリヂストン 
222CB+
(7番 ロフト31度)
(フェードヒッター、飛距離重視)
6本セット 標準スチール(#5~PW) ¥125,400(税込)
別売り #4(21度) ¥20,900(税込)

タイトリスト
T200(7番 ロフト30.5度)
(フェードヒッター、飛距離重視)
6本セット 標準スチール(#5~PW) ¥165,000(税込)
別売り W(48度) ¥27,500(税込)

プロギア
02アイアン
(7番 ロフト30度)
(フェードヒッター、飛距離重視)
5本セット 標準スチール(#5~PW) ¥¥126,500(税込)
別売り #4(22度)#5(25度) ¥25,300(税込)

ミズノ
JPX923フォージド
(7番 ロフト30度)
(フェードヒッター、飛距離重視)
6本セット 標準スチール(#5~PW) ¥138,600(税込)
別売り #4(21.5度) ¥23,100(税込) 

ダンロップ
スリクソンZX5 MK2
(7番ロフト 31度)
(ドローヒッター、弾道コントロール)
6本セット 標準スチール(#5~PW) ¥138,600(税込)
別売り #4(22度) ¥23,100(税込)

すべて見た目はプロモデルっぽいヘッドだけど簡単で飛ぶアイアンです。
多くの女子プロゴルファーに愛用されているモデルでもあります。

紹介する7モデルはめっちゃ簡単というわけでもないので、

  • ドライバーのヘッドスピード39m/s~
  • 芯を大きく外さない
  • スライスで悩んでいない
  • 球が低すぎない

ゴルファーが好ましい条件です。

ナオ
ナオ

私のおすすめはRMX VD/Mアイアン
打感がよく、弾道コントロールも自由自在です

「簡単、安心」飛び系アイアンのことなら↓記事をご覧ください。

グリーンに乗せたボール、必ず決めるなら↓

スポンサーリンク

MIZUNOPRO245(ミズノプロ245)マッスルバックのような風貌でやさしい

一見するとプロモデルの様にヘッドが小さくマッスルバックの様に見えるアイアンですが使ってみると簡単に飛距離も出て芯も広い。

さすがミズノプロ。
中空ヘッドなのに弾き感が少なく打感がやわらかい

7番アイアンのロフトは30度
バックスピンがしっかり入り、ロフトが立っている割にはそこまで飛びすぎるという印象はありません。

ヘッドが小ぶりでヘッドコントールしやすい。
ドローヒッター、フェードヒッター問わずフックを気にせずしっかり左に振っていけます

ショートアイアンは少し飛ぶ。

ナオ
ナオ

「マッスルバックアイアンを使っているのか?」と誤解されるような風貌
まさに「シークレットブーツ」

おすすめなゴルファー

弾道を自在にコントロールしたい

ミズノプロ245アイアンについての詳細は↓記事をご覧ください。

RMX VD/M(リミックス ブイディ)飛距離、安定性、形状を高いバランスで備える

かなり出来のいいアイアンです。

小ぶりヘッドなのにやさしさを感じるモデル。
飛距離性能、操作性が高く、寛容性もある。
しかもイケメン。

7番アイアンのロフトは31度。
バックスピンがしっかり入り、グリーン上でピタッと止まります。

軟鉄鍛造本体+ばね鋼フェース溶接+樹脂バッジでやわらかい打感と飛距離性能、寛容性を併せ持つ秀逸なアイアン。

ヘッドが小ぶりでヘッドコントールしやすい。
ドローヒッター、フェードヒッター問わずフックを気にせずしっかり左に振っていけます

ショートアイアンは飛びすぎない。

ナオ
ナオ

メチャメチャ飛ぶというわけではありませんが、やわらかい打感と寛容性が際立っています

おすすめなゴルファー

弾道を自在にコントロールしたい

RMX VD/Mアイアンについての詳細は↓記事をご覧ください。

222CB+(222シービープラス)やさしさをプラスしたセミラージサイズの軟鉄鍛造キャビティ

222CB+アイアンはつかまりが強く球も簡単に上がってくれるので、スライサーやフェードヒッターにむいています。

右へのミスを少なくしたい、球の高さが欲しいゴルファー向け。

球が上がりやすく、打点も広い。
ヘッドサイズはコンパクトですが、やさしいアイアンです。
7番アイアンのロフトは31度

フェースが長くグースが少し入っているので、ヘッドをあまり回旋しないスイングタイプ(カットフェード、スライサー)のゴルファーに合います。

ショートアイアンは少し飛ぶ。

ナオ
ナオ

ブリヂストンらしい少しグースの入ったアイアン
当然つかまりがよく、やさしさを強く感じるモデルです

おすすめなゴルファー

ヘッドターンをあまり使わないフェードヒッター

222CB+アイアンについての詳しい情報は↓記事をご覧ください。

T200(ティー200)シャープなデザインで欠点なし

デザイン、性能のバランスが超絶にいいアイアン。

内部構造の大幅な変更を行いながらも、ツアーで定評のあるシェイプを実現。
「カッコいいヘッドで簡単に飛ばせるアイアン」として人気モデルになるでしょう。

ヘッドが小さくストレートフェースなアイアンですが、使ってみると意外と簡単、芯も広い。
7番アイアンのロフトは30.5度

つかまりが強いアイアンではありません。
弾き感が少しあるので、ヘッドの回旋を多く使うと右にすっぽ抜けます。

ドローヒッター、フェードヒッター問わず「つかまりすぎ」を気にせずしっかり左に振っていけます。

ショートアイアンは飛びすぎない。

ナオ
ナオ

ヘッドデザインがシンプルでカッコいい
ひっかけ、フックを気にするゴルファーに合います

おすすめなゴルファー

ヘッドターンをあまり使わないフェードヒッター

T200アイアンについての詳しい情報は↓記事をご覧ください。

02IRON(ゼロニアイアン)飛び系セミアスリートモデル

私の中ではかなり評価の高いアイアンです。

ストレートなヘッドが好みだが、飛距離とやさしさを重視しているゴルファー向け。
球をしっかりつかまえられない、ヘッドスピードがそれほど速くないゴルファーでも安心して使えるモデル。
7番アイアンのロフトは30度。
ヘッドスピードが速いゴルファーはショートアイアンの飛びすぎに注意。
飛び系アイアンの特徴であるぽっちゃりしたヘッドではなくすっきりシャープなヘッドでカッコいい。

ドローヒッター、フェードヒッター問わずフックを気にせずしっかり左に振っていけます

このヘッドサイズでは1番距離がでるアイアンではないでしょうか。

ショートアイアンも飛ぶ。

ナオ
ナオ

ロフトの割には飛距離がでます
弾き感は少しありますが、打感イイですよ

おすすめなゴルファー

ヘッドターンをあまり使わないフェードヒッター

02アイアンについての詳細は↓記事をご覧ください。

JPX923FORGED(ジェイピーエックス923フォージド)飛び、打感、やさしさのバランス性能

飛び、打感、やさしさのバランス性能。
小さすぎないヘッドで安心感を感じますが、トップブレードは厚すぎず、グースも少なめ。

構えた感じはプロモデルっぽさを残しつつ、やさしい顔つきのアイアンです。

実際に芯は広く、球も上がりやすい
打感は柔らかめですが少し弾き感はあります。

7番アイアンのロフトは30度

ヘッドをあまり回旋しないスイングタイプ(カットフェード、スライサー)のゴルファーに合います。

ショートアイアンは少し飛ぶ。

ナオ
ナオ

ラインを出しやすいヘッド形状
打点が大きく、やさしさを強く感じます

おすすめなゴルファー

ヘッドターンをあまり使わないフェードヒッター

JPX923フォージドアイアンについての詳細は↓記事をご覧ください。

SRIXON ZX5 MkⅡ(スリクソンゼットエックスファイブ) 進化した革新のテクノロジー

スリクソンらしいシャープな外観で操作性、寛容性、フィーリングすべてを兼ね備えたアイアン。
カッコいいヘッドでバックに入っているとゴルフがうまそうに見えます。

7番アイアンのロフト31度とプロモデルとしては少したっているので、マッスルバックアイアンや薄めのキャビティアイアンと比べると飛距離はワンクラブ弱飛びます。

競技ゴルファー、アスリートゴルファーだけでなくプロモデルを使ってみたいアマチュアゴルファーが安心して使えるモデルです。

カッコよさと寛容性のバランスがいい人気のアイアンです。

ドローヒッター、フェードヒッター問わずフックを気にせずしっかり左に振っていけます

ショートアイアンは飛びすぎない。

ナオ
ナオ

トップアマ、プロに人気のアイアン
支持される理由がわかる秀逸なモデルです

おすすめなゴルファー

弾道を自在にコントロールしたい

スリクソンZX5 MkⅡアイアンについての詳細は↓記事をご覧ください。

セミアスリート系アイアン 評価 まとめ

ロフトが、たった順で並べると

飛距離はプロギア02アイアンが少し飛びます。

しかし、7機種とも飛距離を重視したモデルではありません。

アベレージモデルのアイアンよりは、つかまえてもフックしにくく、
プロモデルアイアンよりは飛距離が出て芯が広く、球も上がりやすいモデルです。

自分のヘッドスピード、スイングタイプに合わせてセミアスリートアイアンを選んでください。

ナオ
ナオ

個人的にはヤマハRMX VD/Mアイアンの評価が抜群に高いです
ZX5、T200は全国的によく売れているモデルです

形のカッコいいセミアスリートアイアンで楽しくゴルフをプレーしてみませんか?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

適正な距離を打ち分けるにはスピン系ボールが必要

アイアンショットをグリーンでピタッと止めるにはスピン系と言われるボールを使うことが必須条件。
バックスピンがしっかり入るとショートアイアンでの飛びすぎのミスを減らすこともできます。

おすすめのスピン系ボールを紹介します。

IRON CLUB SET 
スポンサーリンク
シェアする
ナオをフォローする