【G430ハイブリッド】試打評価 ヘッドスピード別、飛距離目安とおすすめシャフト

スポンサーリンク
※当サイトのコンテンツには広告が含まれています。
スポンサーリンク

ピンゴルフより2023年最新モデルG430シリーズが発売されました。
前作モデルから人気のGシリーズユーティリティですが、最新モデルはどのように進化したのでしょうか?

ナオ
ナオ

現役クラブフィッターのナオです

25年以上ゴルファーのクラブ選びをサポートしています

G430ハイブリッドの番手構成は#2(17度)、#3(19度)、#4(22度)、#5(26度)、#6(30度)、#7(34度)の6種類。
#2(17度)、#6(30度)、#7(34度)は他のメーカーではあまり設定されていないロフトです。

ロフト角、ライ角を微調整できるいわゆる「カチャカチャ」スリーブを採用。
それぞれに左用もありますので、ゴルファーの細かい要望にも的確に応えてくれます。

進化したG430ハイブリッドを実際に試打をして性能、飛距離、特性を検証します。

ナオ
ナオ

ロング、ミドルアイアンが苦手でも大丈夫
簡単に上がって、フックしにくいユーティリティです

ピンG430ハイブリッドが合うゴルファーは

  • 打点が広く簡単に球が上がるユーティリティが欲しい
  • つかまり過ぎのフックを嫌う
  • 細かい距離を打ち分けたい(可変式ロフト)
  • フェアウェイウッドが苦手、5Wの飛距離を打てるユーティリティが欲しい(#2 17度)
    (注)#2と#3は球が上がりにくいのでヘッドスピードが必要です。
  • 6番、7番アイアンの代わりになる簡単なユーティリティが欲しい(#6 30度、#7 34度)

1番軽いシャフトがALTA J CB BLACKのフレックスR(52g)、重いシャフトはスチールシャフトのDGシャフト(131g)まで装着可能です。

ALTA J CB BLACK(標準カーボン)フレックスR、SR、S

本体価格(店頭実勢価格)

純正カーボン ¥40,480(税込)
スチール(DG EX TOUR ISSUE以外) ¥37,840(税込)

ヴィクトリアゴルフで探す

その他のユーティリティについては↓記事をご覧ください。

スポンサーリンク

G430 HYBRID #4(22度)、PING TOUR2.0 CHROME85(フレックスS) 試打検証

ドライバーのヘッドスピード44m/s、平均飛距離240ヤード、ストレート~ややフェードヒッターの設定で試打。

スカイトラックでのデータ画像
ヘッドスピード打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目41.416.44116238201208
2球目40.917.93266-430207215
3球目40.817.33886451199207
平均41.017.2375686202210
サイドスピン(+スライス-フック)

構えた感じはスクエアで安心感のあるヘッド。
インパクトの感触は「カチッ」としたしっかりめの感触。
打球の高さは十分でグリーンにおちてしっかり止まってくれそうです。

平均キャリーは202ヤード
3番アイアン、7番ウッドの飛距離が打てます。

PING TOUR2.0 CHROMEシャフトは重量感があり硬さもしっかり感じます。
ドライバーのヘッドスピード43~48m/sくらいのゴルファーに対応可。
(49m/s~はスチールシャフト推奨)

ナオ
ナオ

先端部分の剛性が高いのでフックしにくいシャフトです

ドライバーのヘッドスピードは43m/s以上欲しいですね

ドライバーのヘッドスピード44m/s、平均飛距離240ヤード、ストレート~ややフェードヒッターの番手ごと参考飛距離

#2#3#4#5#6#7
220y210y200y190y180y170y
目安 (#2はティショットでないと難しい)

G430 HYBRID #5(26度)、ALTA J CB BLACK(フレックスS) 試打検証

ドライバーのヘッドスピード42m/s、平均飛距離220ヤード、フェースオープンしやすいフェードヒッターの設定で試打。

スカイトラックでのデータ画像
ヘッドスピード打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目39.516.35393-619182187
2球目39.817.35934424181186
3球目38.322.23278287186193
平均39.218.6486831183189
サイドスピン(+スライス-フック)

ロフトが26度とかなり上を向いている割にはフックフェースに見えない。
ストレートできれいなヘッドです。

球がよく上がります。
3球目はややハーフトップ気味にインパクトしたのですがナイスショットとあまり変わりません。

平均のキャリーは183ヤード
4番、5番アイアンの距離を打ちます。
落ちてからのランはあまりないのでピンをしっかり狙えます。

つかまりがよく、よっぽどフェースを開いて打たないとスライスはしません

ナオ
ナオ

球が抜群に上がりやすい、しかもあまり曲がらない

ロングアイアンはもう要りませんね

ドライバーのヘッドスピード42m/s、平均飛距離220ヤード、フェースオープンしやすいフェードヒッターの番手ごと参考飛距離

#2#3#4#5#6#7
195y190y185y180y170y160y
目安 (#2、#3はティショットでないと難しい)

TOPに戻る

ブレずに狙えるG430ハイブリッド テクノロジー スペック

8層のカーボンシートをクラウン部分に採用し、軽量化に成功。
余剰重量をヘッド下部に配置し高弾道で狙える。
フェース面積がソールとクラウン部分まで拡大し、最大のたわみで高初速を生み出す激飛びフェース。

ロフト角は±1度、±1.5度、ライ角はスタンダード・フラットの調整が可能。
#2(17度)、#6(30度)、#7(34度)は他メーカーのモデルではほとんどありません
さらに全番手に左用設定もあります。

番手#2#3#4#5#6#7
ロフト角(度)171922263034
ヘッド体積(CC)129128126124121113
ライ角(度)5858.55959.56060.5
標準クラブ長(インチ)40.7540.2539.7539.2538.7538.25
総重量 約346g D0(#4・ALTA J CB BLACK SR)

本体価格(定価)

純正カーボン ¥50600(税込)
スチール(DG EX TOUR ISSUE以外) ¥47300(税込)

スチールシャフトは標準でNSプロモーダス3ツアー105シャフトが準備されています。

NSプロモーダス3ツアー105シャフトがおススメのゴルファー

現在使用しているアイアンシャフト重量が110g以上のスチールシャフト

TOPに戻る

2種類の標準カーボンシャフト 適合ゴルファーは?

G430ハイブリッドの純正シャフト 2種類

2種類の標準カーボンシャフトがあります。
ノーマルタイプのALTA J CB BLACKとしっかり叩けるPING TOUR2.0 CHROME85です。

ALTA J CB BLACK

ALTA JCB BLACKシャフト
フレックスRSRS
重量(g)525665
トルク(度)3.12.82.3
キックポイント中先

RシャフトとSシャフトの重量差が13g。
Rシャフトを軽くし、先しなりにすることでヘッドスピードが速くなく球が上がりにくいゴルファーでも簡単に使えるように設計されています。

SRはRシャフトの特性で硬さがある感じ。
R、SRシャフトはつかまりがよく球を上げやすい。

Sシャフトは重量がありトルクもしぼられています。
純正シャフトにしてはかなりしっかりしたシャフトです。

ナオ
ナオ

一般的なシャフトに対してALTA BLACKシャフトは全体的にしっかりしたシャフト
球の上がりやすさはヘッドに任せ、方向性を重視している感があります

現在使用しているアイアンに対して合うALTA JCB BLACKシャフトの硬度。

R、SRシャフトはカーボンシャフト(約45~65g)のアイアンを使用しているゴルファー。

Sシャフトは軽量スチールシャフト(70g以上)、重めのカーボンシャフト(70g以上)のアイアンを使っているゴルファー。

TOPに戻る

PING TOUR2.0 CHROME85

PING TOUR2.0 CHROMEシャフト
フレックスRSX
重量(g)738085
トルク(度)2.82.32.2
キックポイント中元中元

Rシャフトでも73g。
カーボンシャフトとしてはかなり重めの設定です。
トルクがしぼられキックポイントも中から中元なのでハードなシャフトの部類に入ります。
(人によってはスチールシャフトのNS950より硬く感じる場合もあります)

しっかりしたシャフトなので球をふけ上がらせたくない、フックさせたくないゴルファーにはピッタリ。
ドライバーのヘッドスピードはRシャフトでも41m/s以上くらいは欲しいところ。
Xシャフトになるとかなりの硬さになります。

ナオ
ナオ

ハードヒッターにはピッタリのシャフトですね

それだけしっかりしたシャフトということです

現在使用しているアイアンに対して合うPING TOUR2.0 CHROME85シャフトの硬度

Rシャフトは80g以上、Sシャフトは90g以上、Xシャフトは100g以上のアイアンシャフトを使用しているゴルファー。

純正カーボン ¥50600(税込)

純正グリップ

G430ハイブリッドの純正グリップ

G360 LITE TOUR VELVET ROUND(バックライン無し) 
太さは標準(AQUA)で約45g

TOPに戻る

G430ユーティリティ 評価 まとめ

細かいロフト設定が可能な可変式(カチャカチャ)ヘッドのG430ハイブリッド。
ユーティリティクラブとしては以前から評価の高いピンゴルフのGシリーズですが、今回のG430ハイブリッドも最高の出来栄えです。
ロフトバリュエーションが豊富なので、特に#6(30度)#7(34度)はお助けクラブになるゴルファーもいるのでは。

残念なことは前作まであったALTA DISTANZA40という軽く柔らかいシャフトがなくなってしまいました。(シニアやヘッドスピードの速いレディースゴルファー対象シャフト)
ドライバーのヘッドスピードは37m/s以上がG430ハイブリッドの対象ゴルファーになりそうです。
(追記)2023年、軽量バージョンG430HLシリーズが発売されました。ヘッドスピード、パワーに自信がなくても大丈夫。

TOPに戻る

ドライバーのヘッドスピード毎の対応シャフト目安

「37~39m/s」 
ALTA JCB BLACK フレックスR

「39~41m/s」 
ALTA JCB BLACK フレックスSR

「41~43m/s」 
ALTA JCB BLACK フレックスS

「42~45m/s」 
PING TOUR2.0 CHROME85 フレックスR

「44~47m/s」 
PING TOUR2.0 CHROME85 フレックスS
NSプロモーダス3ツアー105シャフト フレックスS

「47m/s~」 
PING TOUR2.0 CHROME85 フレックスX
NSプロモーダス3ツアー105シャフト フレックスS

参考にしてください。
(注)あくまで目安です。スイングタイプ、パワー、テンポ、好みでもスペックは変わります。

ピンゴルフの商品には個体番号が付けられています!

不具合があった場合の補償がしっかりしていますので、リアル店舗があるショップでの購入がおススメです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

よくある質問

Q
ハイブリッドとユーティリティは何が違うのですか?
A

メーカー、モデルごとに呼び方が違うだけで同じものです。
主にロングアイアンのかわりに簡単に使えるクラブになります。

Q
可変式スリーブ付きのシャフトは他のメーカーのロフトライ可変式モデルにもカチャカチャして簡単に使えますか?
A

メーカー、モデルごとにスリーブの形状を変えていますので他のモデルに使用することはできません。

Q
#2(17度)、#3(19度)はフェアウェイウッドの代わりになりますか?
A

#2(17度)が5番ウッド、#3(19度)が7番ウッドの代わりになります。
ただしヘッドスピードがある程度速くなければ(44m/s以上くらい)ボールが上がりにくいです。

FAIRWAY UTILITY
スポンサーリンク
シェアする
ナオをフォローする