ヘッドスピード43~45m/sで1番飛ぶドライバーはどれ? 試打検証 最新7モデル 2024

スポンサーリンク
※当サイトのコンテンツには広告が含まれています。
ヘッドスピード43~45m/sで1番飛ぶドライバーはどれ? 試打検証 最新7モデル 2024
スポンサーリンク

ドライバーのヘッドスピードが44m/sくらいとなると、一般のゴルファーの中ではヘッドスピードが速いほうになります。
このくらいのヘッドスピードで効率よく打つことができれば、念願の250ヤードオーバー。
250ヤード以上打つ事ができれば「飛ばし屋」の仲間入りです。

ヘッドスピード43~45m/sくらいのゴルファーが簡単に250ヤード以上飛ばせる純正シャフトのドライバーはどれか?

2024年、市場で人気のあるドライバー7機種を集め、同じ条件、同じヘッドスピード、同じ打ち方で同時期に打ち比べてみました。

ナオ
ナオ

現役クラブフィッターのナオです
25年以上ゴルファーのクラブ選びをサポートしています

ヘッドスピードが43~45m/sで飛んで曲がらないドライバーランキング

1位 
RS X(プロギア)
純正シャフト 店頭実勢価格 ¥74,800(税込)

2位
B1ST (ブリヂストン)
純正シャフト 店頭実勢価格 ¥70,400(税込)

3位
パラダイムAIスモーク♦♦♦(キャロウェイ)
純正シャフト 店頭実勢価格 ¥96,800(税込)

4位
RMX VD M(ヤマハ)
純正シャフト 店頭実勢価格 ¥73,920(税込)

5位
Qi10 (テーラーメイド)
純正シャフト 店頭実勢価格 ¥76,560(税込)

6位
G430 LST(ピン)
純正シャフト 店頭実勢価格 ¥79,200(税込)

7位
スリクソンZX5 LS(ダンロップ)
純正シャフト 店頭実勢価格 ¥63,360(税込)

ナオ
ナオ

ヘッドスピードは約44m/sでミート率高め、ドローヒッターの設定で3球ずつ試打

試打したドライバーのロフトは10.5度、シャフトはすべてメーカー純正のフレックスSです。
※弾道測定にはスカイトラックを使用しています

正直なところ、この7つのモデルの実力は誤差レベル。
トータル飛距離だけでなくヘッドスピードに対しての効率、曲がりも加味して個人的な見解でランク付けしています。
遊び感覚でご覧ください。

ドライバースペックの選び方については↓記事をご覧ください。

スポンサーリンク

1位 RS X(プロギア) 試打結果

ドロー、フェード系 つかまる

試打したドライバーのスペック

ヘッド体積  460CC
ロフト    10.5度
総重量    約308g
シャフト   TENSEI™ FOR PRGR
フレックス S
シャフト重量 約53g トルク5.4 中元調子

スカイトラックでのデータ画像
スカイトラックでのデータ画像
ヘッドスピードボール初速打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目44.264.511.83022133238255
2球目44.564.912.9265780239257
3球目44.264.7.12.52156-226232255
平均44.364.712.42612-4236256
サイドスピン +スライス-フック

ヘッドスピード44.3m/sで飛距離256ヤード
よく弾きます!

7モデル中、フルチタンはスリクソンZX5 MK2とRS Xだけ。
インパクトのたわみがすごく、チタンらしい弾き感のある心地よい打音です。

打ち出し角は高すぎず、低すぎず。

バックスピンは適量でサイドスピンはほとんどかからない
強弾道なのにフックしないのがいいですね。
曲がり幅の小さい美しいストレートな弾道。

ヘッドスピードに対しての初速が速い。
ギリギリの反発係数、うたい文句通りです。

総重量は308g、最近のドライバーにしてはやや重め。

シャフト重量は53gで中元調子。
先端がしっかりしていて、ヘッドが返り過ぎません。

芯の大きさが広く、多少のミスヒットなら変わらず飛距離をキープ。

ややフラットなライ角、つかまり過ぎをおさえたシャフトの効果でフックを防止。

ナオ
ナオ

程よい重心でドローもフェードも思いのまま
適度なフェースローテーションを使うゴルファー向き

RS Xドライバーの詳細については↓記事をご覧ください。

ランキング一覧にもどる

2位 BI ST(ブリヂストン) 試打結果

フェード系 つかまりすぎない 弾道調整機能付き

試打したドライバーのスペック

ヘッド体積  460CC
ロフト    10.5度
総重量    約308g
シャフト   VENTUS BS6 
フレックス  S
シャフト重量 約60g トルク4.4 中調子

スカイトラックでのデータ画像
スカイトラックでのデータ画像
ヘッドスピードボール初速打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目45.265.812.8204392236259
2球目44.665.113.62034-214236257
3球目43.764.011.3265778232253
平均44.565.012.62245-15234256
サイドスピン +スライス-フック

ヘッドスピード44.5m/sで飛距離256ヤード、これもすごい。
初速は7モデルの中でナンバーワン

中弾道でバックスピンが少なくランがよく出ます。
RS Xより少し右に行き、ヘッドスピードが速かったのに飛距離は同じだったので2位。

ギザギザフェースのスリップレスバイトミーリングを採用でインパクトの瞬間しっかりボールを喰いつかせる。
そのため高弾道、低スピンの強弾道が生まれるそうです。

打感はやわらかめですが、弾き感はしっかり感じます。

総重量は308g。

ライ角は標準で59度とアップライト。
しかし、つかまりすぎることはありません。

シャフトは60gと重めで、トルクもしっかり。
ドローヒッターでもフックを気にせず、安心して左へ振っていけます。

ナオ
ナオ

ヘッド後方のウェイトをヒール側にずらせばドロー、トゥ側にずらせばフェードが打ちやすくなります

B1STの詳細については↓記事をご覧ください。

ランキング一覧にもどる

3位 パラダイムAIスモーク♦♦♦(キャロウェイ) 試打結果

ドロー、フェード系 つかまる

キャロウェイゴルフ公式オンライン

試打したドライバーのスペック

ヘッド体積 450CC
ロフト   10.5度
総重量   約312g
シャフト  TENSEI 60 for Callawayカーボン
フレックス S
シャフト重量 約64g トルク4.4
       中調子

※セレクトショップ限定モデル

スカイトラックでのデータ画像
ヘッドスピードボール初速打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目43.864.513.81919116231254
2球目44.265.114.71868-459233255
3球目43.563.515.9229968234251
平均43.864.414.82029-92233253
サイドスピン +スライス-フック

2024年、石川遼プロ使用ドライバー。
シャープな形状で操作性に優れるモデル。

ヘッドスピード43.8m/sで253ヤード
効率ナンバーワン

初速が速く、バックスピン少なめの強弾道。
トリプルダイヤモンドは上級紙者のスキルに合わせ、フェース中央の比較的小さな範囲が特に効果的に作動するよう開発されているため、芯を外すとロスがあります

総重量は312g。
重めです。

構えた感じは、ディープで小ぶりに見えます。

フラットなライ角ですが、思ったより良くつかまります。
ヘッドが小ぶりでコントロールしやすく球筋は自由自在。
しっかりつかまえて打ってもフックの度合いが小さい。

シャフトは中調子でくせのないしなり。
しっかりしたトルク、64gと重量があるのでヘッドスピードが少々速くても、球が吹けあがることはありません。

番手W#1
フェース素材 / 構造鍛造 FS2S チタン / Ai スマートフェース / フェースカップ
ボディ素材8-1-1 チタンボディ+トライアクシャル・カーボンクラウン & フォージド・カーボンコンポジットソール+スクリューウェイト約2g+バック約14g
クラブ長さ(インチ)45.5
ヘッド体積(CM3450
ロフト角(°)8.09.010.5
ライ角(°)57.0

純正シャフトはTENSEI 60 for Callaway

SSR
クラブ重さ約312g約310g
シャフト重さ約64.0g約61.0g
シャフトトルク4.44.7
シャフト調子
ナオ
ナオ

純正グリップがかなり細いので手首の使い過ぎに注意
ヘッド形状、打感、いいですね~

ランキング一覧にもどる

4位 RMX VD M(ヤマハ) 試打結果

フェード系 つかまりすぎない 弾道調整スライダーは高低差

試打したドライバーのスペック

ヘッド体積  460CC
ロフト    10.5度
総重量    約302g
シャフト   TENSEI TR 
フレックス  S
シャフト重量 約53.5g トルク4.9 中調子

スカイトラックでのデータ画像
ヘッドスピードボール初速打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目44.463.514.22895212235250
2球目43.764.112.9336998238250
3球目44.064.814.02297-137238257
平均44.064.114.0285458237252
サイドスピン +スライス-フック

ヘッドスピードが44.0m/sで飛距離252ヤード
なかなかの好成績です。
ヘッドスピードに対しての初速が速い。

構えた感じはヘッドが大きすぎず引き締まって見えます。
インパクトの弾き感は強く心地いい。

バックスピンは極端に減ることはなく高弾道ビッグボール
(調整機能を使えばバックスピンを減らすこともできます)

サイドスピンは、ほとんどかからず曲がりません

総重量は302g。

純正TENSEI TRは53gと重すぎず、柔らかすぎないシャフトです。
中調子でくせがなく振りやすい。

力強い弾道でつかまりすぎない。
左を気にせず振り切れます。

メジャーではないですが、いいドライバーですよ!

ナオ
ナオ

ソールデザインがカッコいい
構えた感じも小ぶりに見え、玄人好みします

RMX VD Mドライバーの詳細については↓記事をご覧ください。

ランキング一覧にもどる

5位 Qi10(テーラーメイド) 試打結果

ドロー、フェード系 つかまる

試打したドライバーのスペック

ヘッド体積 460CC
ロフト   10.5度
総重量   約307g
シャフト  ディアマナTM50 カーボン
フレックス S
シャフト重量 約58.0g トルク4.3
       中調子

スカイトラックでのデータ画像
ヘッドスピードボール初速打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目44.164.011.92661-805230250
2球目43.964.612.829030239256
3球目44.663.715.02512336235251
平均44.264.115.02692-156235252
サイドスピン +スライス-フック

2024年、カーボンフェースの注目商品。
芯が広くどこに当たっても飛ぶ上に高弾道でつかまる。

ヘッドスピード44.2m/sで252ヤード
打感は少し柔らかく心地よい感触です。

サイドスピンがあまり入らず、曲げにくい。
テーラーメイドにしては珍しく、癖のないやさしいドライバーです。

前作モデル「ステルス2」をさらに簡単に、つかまりを良くしたモデルですね。

特徴はカーボンフェースと慣性モーメントの大きさ。
多少の打点のブレなら、まっすぐ飛んでくれます。

ヘッドターンしやすく、テーラーにしては意外に良くつかまる。
ドローヒッターも右プッシュを気にせずスイングできます。

純正シャフトは58g。
重量感があり、しっかりした振り感。
トルクもきつめでフックを制御してくれます。

ナオ
ナオ

ヘッドは簡単で曲がりにくい
純正シャフトはしっかりしていて思い切って振れる
バランスの取れたドライバーです

QI10ドライバーの詳細は↓記事をご覧ください。

ランキング一覧にもどる

6位 G430LST(ピン) 試打結果

フェード系 つかまりすぎない 弾道調整機能付き

試打したドライバーのスペック

ヘッド体積  440CC
ロフト    10.5度
総重量    約309g
シャフト   ALTA JCB BLACK
フレックス  S
シャフト重量 約58.0g トルク5.0 中調子

スカイトラックでのデータ画像
ヘッドスピードボール初速打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目44.464.414.03220569238250
2球目44.163.513.22403214231251
3球目43.964.214.92756366238252
平均44.164.014.02793383236251
サイドスピン +スライス-フック

ヘッドスピード44.1m/sで251ヤード
まずまずの結果です。

ヘッドは440㎤、小ぶりでスッキリ。
打感は独特、少し硬く感じます。

ヘッドコントロールしやすく、つかまりすぎないので、フックが怖いゴルファーにはピッタリ。
どちらかと言えばフェードヒッター向きですね。

純正のALTA J CB BLACKシャフトは58g。
先端がはしり、球がつかまりやすく上がりやすい。

ヘッドスピード43m/sくらいまでならちょうどいい。
それ以上だと少しトルクがゆるく物足りない。

ヘッドはロースピンタイプなのですが、シャフトのおかげで極端にバックスピンが減るということはありません。
ヘッドで逃がしてシャフトでつかまえる感じ。

ナオ
ナオ

フック、ふけ上がりを防ぐなら、もう1つの純正シャフトPING TOUR 2.0 CHROMEがオススメ
ヘッドスピード44m/s以上なら相性抜群です

G430LSTドライバーの詳細については↓記事をご覧ください。

ランキング一覧にもどる

7位 スリクソンZX5 MkⅡ(ダンロップ) 試打結果

フェード系 つかまりすぎない 

試打したドライバーのスペック

ヘッド体積 460CC
ロフト   10.5度
総重量   約302g
シャフト  DIAMANA ZX-Ⅱ50 カーボン
フレックス S
シャフト重量 約49g トルク5.8 
       中調子

スカイトラックでのデータ画像
ヘッドスピードボール初速打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目45.464.711.92602544235255
2球目44.564.010.62368462224251
3球目44.464.714.22854-294240255
平均44.864.512.22608237233254
サイドスピン +スライス-フック

松山英樹プロ使用モデル

ヘッドスピード44.8m/sで254ヤード

最近のドライバーでは珍しいフルチタン
インパクトの瞬間、ヘッドがたわみ強烈に弾き飛ばすような打感。

強弾道でビッグボール。

ヘッドは大きいのですがマットブラックの塗装でしまって見えます。

特徴はフックが出ないこと。
強烈にヘッドをかえして打たない限りチーピンはまず出ません。

試打した純正シャフトは重量約49g、トルク5.8。
これくらいのヘッドスピードでは少しアンダースペック。
ヘッドスピード43m/s以下が対応になりますね。

つかまりすぎを抑え、ロースピンタイプのヘッドなので、もう少ししっかりしたカスタムシャフトにするとハードヒッターでも使えます。

ナオ
ナオ

ドローヒッターでヘッドスピード45m/sの私は、ロフト10.5度、スピーダーNXブラック60シャフトをカスタムして愛用しています

スリクソンZX5 MK2ドライバーについての詳細は↓記事をご覧ください。

ランキング一覧にもどる

最新ドライバー飛距離ランキング ヘッドスピード速いバージョン

ヘッドスピード初速キャリートータル
RS X44.364.7236256
B1ST44.565.0234256
AIスモーク♦♦♦43.864.4233253
VD M44.064.1237252
Qi1044.264.1235252
G430LST44.164.0236251
ZX5 MK244.864.5233254
データは3球の平均値

平均の飛距離差は251~256ヤードと5ヤード差。
ヘッドスピードはクラブごとに同じになるように調整して打ったのですが、誤差は1.0m/sあります。

2024年時点では各メーカーの最高傑作品なので結果に違いは出にくいはずですが、無理やり比べてみました。

飛距離の点ではプロギアのRS X、ブリヂストンのB1ST、つかまりやすいクラブはキャロウェイのAIスモーク♦♦♦、曲がらないのはヤマハRMX VD M、テーラーメイドQi10でしたが、正直言うともう一回比較すると結果は変わったかもしれません。

数値だけでは違いが出にくいので感覚的な要素も書き出してみました↓

飛び曲がりバックスピン球の高さ打音(個人的な感想)
RS Xよく飛ぶつかまる少ないキャーン
B1STよく飛ぶつかまりすぎない少ないカーン
パラダイム
AIスモーク
♦♦♦
よく飛ぶつかまる少ないパカーン
RMX VD M飛ぶつかまりすぎない普通(調整可)キャイーン
Qi10飛ぶつかまる普通高いコキーン
G430LST飛ぶつかまりすぎない普通ガキーン
スリクソン
ZX5 MK2
飛ぶつかまりすぎない普通高いギャン
ナオ
ナオ

私はフック、チーピンが大嫌いなのでZX5 MKⅡを使っています
ランキングでは最下位だったのですが、左にいかない良いドライバーですよ

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

Q
ヘッドスピードは計測器によって変わるのですか?
A

はい、変わります。計測器によっても遅い、速いがありますし、スイングによっても変わります。(トップした時、カットスイングは速くなりやすい)
正確に計測結果を判断するなら、ボール初速を見るのがいいでしょう。

Q
可変式スリーブなのでシャフトを他の物と変えたいのですが他のメーカーのスリーブが付いたシャフトをつけることはできますか?
A

メーカーごとに専用のスリーブがつけられています
シャフトを変えるには使用しているモデルのスリーブを手に入れる必要があります

Q
可変式ドライバーのロフト、ライを変えたいのですがトルクレンチを回してもヘッドとシャフトが離れません
A

かみ合わせがしっかりしてるので簡単に外れないようになっています
ヘッドを持ち、グリップ側を地面に軽くコンコンと叩いてみてください 
それでも取れない場合は販売店にもっていってください

1W DRIVER
スポンサーリンク
シェアする
ナオをフォローする