【試打評価】ピンG430MAX 10K(テンケイ)飛びと直進性を備えた曲がらないドライバー? 2024

スポンサーリンク
※当サイトのコンテンツには広告及び、商品プロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

人気のG430ドライバーより新モデル「MAX 10K」が発売されました。
(2024年2月8日発売)

G430ドライバーには「MAX」「LST」「SFT」と軽量の「HL MAX」「HL SFT」の5機種がすでに発売されています。
今回追加モデルとなるのが
MAX 10Kドライバー」と
MAX 10K HL(軽量)ドライバー」です。
※MAX10KとMAX10K HLは形状は全く一緒、重量が違うだけです

G430MAX 10Kドライバーと
G430MAXの違いは10Kはクラウンにカーボンが使われている。
G430LSTの違いは10Kはクラウン部分の面積が大きい。

MAX 10Kモデルは「LST」よりやさしく、「MAX」よりスピン量を減らして強弾道なドライバー。
以前、ツアー選手から絶大な人気のあった「G400MAX」の進化版と私はみています。

ナオ
ナオ

こんにちは

クラブフィッターのナオです
20年以上ゴルファーのクラブ選びをサポートしています

「打点がぶれても飛んでほしい」
「思いっきり振ってもまっすぐ行ってほしい」
そんな願いにこたえる驚異の慣性モーメント10,000越えのドライバー。
フェースのどの部分に当たってもヘッドがぶれずに真っすぐ動きます。

慣性モーメントとは物体が一定の動きを継続しようとする力のこと

G430MAX 10K(テンケイ)モデルにはノーマルとHL(軽量)とあります。

G430MAX 10Kドライバーが合うゴルファー

  • 打点を外してもまっすぐ飛ばしたい
  • ミート率に難がある
  • マン振りしても曲げたくない
  • チーピンを防ぎたい
  • 構えた時の安心感が欲しい

ヘッドを回転させてヘッドスピードを上げるゴルファーとは相性が悪いです。

G430 MAX 10K MAX 10K HL DRIVER

ロフト 9度 10.5度 12度(HLも同じ)

純正シャフトの種類が4種類

  • ALTA J CB BLACK(日本専用の高弾道用シャフト)
  • PING TOUR 2.0 CHROMEクローム(しっかりと叩ける中弾道用シャフト)
  • PING TOUR 2.0 BLACK(ツアー向けの低弾道用シャフト)
  • FUJIKURA SPEEDER NX 35/45(速さと高さで飛ばせるHL専用軽量シャフト)

標準シャフト本体価格 
104,500円(税込)

※純正シャフトはG430シリーズの標準シャフトと同じです

G430ドライバーの追加モデル「G430MAX 10K」は何が変わったのか、実際に試打をして、飛距離性能、操作性、寛容性などを細かく検証します。

試打をする2種類のドライバースペックは

  • G430MAX 10K 
    ロフト10.5度 シャフトALTA J CB BLACK(S)
  • G430MAX 10K HL
    ロフト10.5度 シャフトFUJIKURA SPEEDER NX35
ナオ
ナオ

テーラーメイドと「10Kコンセプト」かぶりました
巨大慣性モーメント、流行ってますね

2024年のドライバー戦線はピン、「G430MAX 10K」、テーラーメイド「Qi10」、キャロウェイ「パラダイムAIスモーク」で幕を開けました。

G430MAX、LST、SFTドライバーについては↓記事をご覧ください。

G430HLドライバーについては↓記事をご覧ください。

スポンサーリンク

G430MAX 10Kドライバー 10.5度 ALTA J CB BLACK(S)試打

ドライバーのヘッドスピード約43m/sで試打計測

スカイトラックのデータ画像
サイドスピン +スライス -フック
ヘッドスピードボール初速打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目42.861.613.22900-128224241
2球目42.562.118.12535-37229242
3球目43.562.614.71917144224246
4球目43.763.715.62903-43237249
5球目43.362.916.52265-339231247
平均43.262.615.62504-81229245

まず1番に直進性が強い
サイドスピンがあまりかからず打ち出した方向にまっすぐ飛んでいきます。

ヘッドスピード43m/sで平均飛距離245ヤード、まずまずです。
弾きは強いのですがインパクトで押す感じがあります。
つかまりもよくインパクトで滑る感じはありません。

高弾道でバックスピンが少なく、落ちてから良く転がる弾道。
初速もよく出ているので、ヘッドスピードを上げればもっと飛びそう。

ヘッド開閉がしにくいので強烈なフックはなかなか打てません。
つまりチーピンがない。

弾道調整スライドはついていません。
固定式高比重ウェイトをフェースから一番遠い位置に搭載し、より低い重心により打点のブレを抑え、高弾道を打てる設計。

ALTA J CB BLACK(S)シャフトはしっかりしていますがつかまりはいい。
スイングすると先が走る感じ。

ヘッドスピードが速いゴルファーはツアークロムかツアーブラックシャフトがおススメ。

ナオ
ナオ

これはいい、ボウ球で曲がりませんね~
振れば振るほど飛びそうです

G430MAX 10K HLドライバー 10.5度 FUJIKURA SPEEDER NX35 試打

スカイトラックでのデータ画像
サイドスピン +スライス -フック
ヘッドスピードボール初速打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目35.450.716.41989-30163188
2球目36.853.116.42013-181177200
3球目35.951.017.02037-122167189
4球目35.750.316.9214032163185
5球目36.051.316.91989-30168191
平均36.051.316.72034-66168191

ドライバーのヘッドスピード約36.0m/sで試打計測

クラブを持った瞬間「かる~、やわらか~」って感想。
MAX10K HLはヘッドと専用シャフトが軽く、クラブ重量が272gとレディースドライバーに迫る重量帯です。

実際に試打してみました。
ヘッドスピードの平均は36.0m/s。
平均飛距離が191ヤード。
良い成績です。

弾道は高くサイドスピンもほとんどかからず曲がらない
バックスピンがおさえめで落ちてからもよく転がります。

ヘッドが大きく見えて、どこに当たっても何とかなるという安心感。
実際に芯を外してもあまり曲がらず、よく飛んでくれる。
ヘッドの性能が高い。

FUJIKURA SPEEDER NX35シャフトは46インチですが長さは気にならず、軽量でやわらかいのでヘッドスピードに自信がなくても振りきれます。

ナオ
ナオ

パワーは全くいらないドライバーです

クラブに任せて振るだけでまっすぐなビックボール

G430MAX 10Kドライバー スペック テクノロジー

MOI 10,000g.㎠超えだから
打点がブレても飛ばせる=10K飛(マントビ)

  • カーボン・フライ・ラップテクノロジー
  • 進化したフェース構造
  • 超大型ヘッド
  • 深低重心
  • ロフト/ライ角調整機能
  • スピンシステンシー・テクノロジー
ピンゴルフより

MAX10K ドライバー 

ロフト角(度)910.512
ヘッド体積(CC)460
ライ角(度)59.5
総重量(g)・バランス約302・D2(45.75インチ:ALTA J CB BLACK・SR)

純正シャフト&グリップ

シャフトの種類は3種類。

ALTA J CB BLACKは標準のシャフト(49~58g)
よくつかまり弾道高め。

PING TOUR 2.0 CHROMEはしっかりしたシャフト。(55~72g)
つかまりはまずまず中弾道。

PING TOUR 2.0 BLACKはハードなシャフト。(59~76g)
つかまりすぎを抑える低弾道。

ALTA J CB BLACK(日本専用の高弾道シャフト)

標準仕様のシャフトです。
つかまりがよく球の上りがいい。
RシャフトとSシャフトで重さが約10gも違います。(Rシャフトを楽にしている)

フレックスRSRS
標準クラブ長
(インチ)
45.7545.7545.75
重量(g)495358
トルク(度)5.35.25.0
キックポイント中先

適応ドライバーヘッドスピード
フレックスR  37~40m/s
フレックスSR  39~42m/s
フレックスS  41~44m/s

PING TOUR 2.0 CHROME (しっかり叩ける中弾道用シャフト)

PING TOUR 2.0 CHROME 65 

純正シャフトよりしっかりした硬さで振りぬきたい。
つかまりは程よく弾道の高さを少し抑えてくれます。

フレックスRSX
標準クラブ長
(インチ)
45.2545.2545.25
重量(g)556065
トルク(度)4.44.23.8
キックポイント中元中元

適応ドライバーヘッドスピード
フレックスR  41~43m/s
フレックスS  43~45m/s
フレックスX  45m/s~

PING TOUR 2.0 CHROME 75 

硬さ、重さを感じて振りたい。
重量感はありますがつかまりはまずまず。

フレックスRSX
標準クラブ長
(インチ)
45.2545.2545.25
重量(g)676972
トルク(度)3.73.33.2
キックポイント中元中元

適応ドライバーヘッドスピード
フレックスR  42~45m/s
フレックスS  44~49m/s

PING TOUR 2.0 BLACK (ツアー向けの低弾道用シャフト)

PING TOUR 2.0 BLACK 65

しっかりした硬さを持ち、弾道の高さを抑えてくれます。
フッカー、つかまりすぎを嫌うゴルファーには抜群の相性。
フレックスSでも結構な硬さがあります。

フレックスSX
標準クラブ長
(インチ)
45.2545.25
重量(g)5965
トルク(度)3.83.5
キックポイント中元中元

適応ドライバーヘッドスピード
フレックスS  45~49m/s
フレックスX  49m/s~

PING TOUR 2.0 BLACK 75

超ハードなシャフト。
速いヘッドスピードと球をつかまえる技術が必要。

フレックスSX
標準クラブ長
(インチ)
45.2545.25
重量(g)7376
トルク(度)3.22.9
キックポイント中元手元

適応ドライバーヘッドスピード
フレックスS  47~50m/s
フレックスX 50m/s~

ナオ
ナオ

PING TOUR 2.0 BLACK 65のフレックスSでもかなりのしっかり感があります

フレックス選びは少し楽めなほうがおススメです

純正グリップ

純正グリップ

G360 LITE TOUR VELVET ROUND(バックライン無し)
AQUA(標準太さ) 45g

MAX 10K HL ドライバー

ロフト角(度)910.512
ヘッド体積(CC)460
ライ角(度)59.5
総重量(g)・バランス約272・D1(FUJIKURA SPEEDER NX 35・46インチ)

純正 FUJIKURA SPEEDER NX 軽量シャフト(35 45)

シャフト名FUJIKURA SPEEDER NX 35FUJIKURA SPEEDER NX 45
素材カーボンカーボン
標準クラブ長
(inch)
4646
フレックス
重量(g)3845
トルク(度)6.35.1
キックポイント先中

NX35 適応ドライバーヘッドスピード
36m/s以下

NX45 適応ドライバーヘッドスピード
35~39m/s

グリップ

IOMIC STICKY SL AQUA

(バックライン無し) 日本専用グリップ 35g

PING史上最大のMOI G430MAX10K 評価 まとめ

正直、顔(ヘッド)を見た時は「なんか違和感あるな~」って思っていたのですが、打ってみてびっくり。
これは曲がらないですよ。
フック、スライスどちらもインテンショナルに曲げることも難しく、直進性の高いボウ球が飛んでいきます。

やはりピンゴルフ、面白いモデルを出してきます。
ヘッドの投影面積が大きいので、大型ヘッドが苦手なゴルファーには不向き。
しかし性能は抜群、曲がらない、強弾道。

2024年はキャロウェイからパラダイムスモークAI、テーラーからQI10が発売されますが、3つ巴の争いになりそうな評価の高いドライバーです。

ナオ
ナオ

「もっとしっかり振りたいけど曲がりが怖い」と言うゴルファーにピッタリ

さすが慣性モーメント1万越え、最強のドライバーかも、、、

G430MAX 10Kを試打したゴルファーの口コミ

よい点

  • 「曲がらないのはすごい。ミスヒットしたと思っても、意外と真っすぐ飛んでくれる。今まで曲がりすぎて悩んでいたけど、これで安心して打てるようになった。」
  • 「高弾道・低スピンの弾道で、飛距離が伸びた。方向性も安定している。ミスヒットしても、ボールが上がりやすく、キャリーが伸びる。」
  • 「大型ヘッドで構えやすく、思い切り振り切れる安心感がある。ヘッドの重心が深いので、高弾道・低スピンの弾道が打ちやすい。」

悪い点

  • ヘッドの慣性モーメントが大きいため、コントロールが難しい。私はヘッドターンして打っていくので、もう少し操作性が良ければよかった。
  • 「定価は104,500円(税別)と、高価なドライバー。性能は素晴らしいが、価格が高いのが難点。」

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

1W DRIVER
スポンサーリンク
シェアする
ナオをフォローする
golfer-nao