【TSRドライバー】TSR2 TSR3を試打レビュー 自分に合ったモデルは?

スポンサーリンク
※当サイトのコンテンツには広告が含まれています。
スポンサーリンク

タイトリストより硬派なフェースのドライバー、2023年モデル【TSR2 TSR3】が発売されました。

PGAツアープロの間では使用率のダントツ高いタイトリスト製のドライバー。

本場アメリカではテーラーメイド、キャロウェイ、ピンをしのぐ人気メーカーです。

タイトリストの世界共通モデルドライバーといえば、以前は少しハードなイメージがありました。

プロ向きで私たちアマチュアゴルファーには使いにくいのではないか?という疑問もよく耳にします。

しかしここ数年のタイトリスト社製ドライバーは我々アマチュアゴルファーでも使いやすいよう、様々な工夫がされています。

ナオ
ナオ

クラブフィッターのナオです

25年以上ゴルファーのクラブ選びをサポートしています

メーカー担当者の話によるとアメリカでのマシンテスト、ヒューマンテストではテーラー、キャロウェイ、ピンを超える好成績をたたき出しているそうです。

本当に簡単で飛ぶクラブに仕上がっているのか?

本格派ドライバーTSR2、TSR3を打ち比べ検証をしてみます。

TSR2、TSR3ドライバーは一番軽いシャフトが装着されているモデルでも総重量は303g(TSP111 50 SR)、最近のドライバーの中では重いほうです。

TSRドライバーと相性がいいゴルファー

  • ドライバーのヘッドスピードは40m/s以上、平均飛距離210ヤード以上
  • 顔のいいカッコいいヘッドのドライバーが使いたい
  • 打感の良いモデルが好み
  • 叩いてもふけ上がらないモデルが欲しい
  • つかまえても左にフックしすぎないモデルが欲しい
  • ツアープロに人気のタイトリストモデルを使ってみたい
  • やさしいプロモデルドライバーを使いたい
ナオ
ナオ

TSRドライバーは2も3も打感はサイコーです

フェースへの引っ付き感がすばらしい

プロが好むはずです

TSR2はTSR3よりヘッド上部クラウン部分、ソール部分の面積が大きい

TSR2はTSR3よりつかまりがよく球が上がりやすい

この記事を読むとTSRドライバーのおすすめモデル、シャフトが分かります。

TSR2 TSR3ドライバー 本体価格(定価)
※お買い得になっています

TSP111 50(S・SR) ¥88,000(税込)
TSP310 60(S) ¥88,000(税込)
TENSEI AV BLUE(S) ¥93,500(税込)
TOUR AD DI(5S 6S) ¥99,000(税込)
TOUR AD IZ(5S 6S) ¥99,000(税込)

ゴルフ5でTSR2を探す ゴルフ5でTSR3を探す

NEWシャフトが追加になっています。
追加シャフトはTENSEI AV BLUE(テンセイ エーブイ ブルー)
スペックは後述しています。

TSR1 TSR2 TSR3 最新ユーティリティについては↓記事をご覧ください。
試打評価【TSR1 TSR2 TSR3】タイトリスト最新ユーティリティ 支持される理由とは? | golfer-nao

人気ナンバーワンウェッジ【ボーケイSM9】については↓記事をご覧ください。

最新モデル「Tシリーズアイアン」についての詳細は↓記事をご覧ください。

スポンサーリンク

やさしくつかまるTSR2ドライバー 試打検証

スカイトラックでのデータ
スカイトラックでのデータ(サイドスピン+スライス-フック)

試打したクラブはTSR2 ロフト9度  シャフトTSP111 50(フレックスS)

ヘッドスピード平均43.8m/s、ややフェード系のスイングでチャレンジです。

ヘッドスピードボール初速打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリートータル飛距離
1球目44.164.411.82883339236254
2球目43.963.712.72721568232250
3球目43.463.515.42166292232251
平均43.863.913.32590400233252

構えた時のヘッドはストレートで美しい。
フェースが黒いので全体的にしまって見えます。
上から見た時、TSR3よりはヘッドが大きく見えます
しかし見た目はプロモデルっぽいですね。

打感は抜群。
おとなしく、弾くというよりフェースに引っ付くという感じ。

ヘッドスピードのわりには初速が出ます
平均飛距離は252ヤード、よく飛んでますね。
ロフト9度でも十分な高さを確保(少しアッパーなスイングなので)。

フェースオープンインパクトでスライス回転が少しかかっている割にはバックスピンは少なく、前に前に飛んでくれます。
つかまりはいいのですがヘッドが回りすぎることがなく、強烈なフックがきそうなイメージはありません。

ナオ
ナオ

つかまりがよく、芯の広いモデルです

ロフト、ライ角可変式ヘッド(カチャカチャ)なので、つかまりが心配なゴルファーはアップライトに設定すればスライスを大幅に減らせます。

可変式スリーブでロフト、ライ角が変えられます。
ロフト +0.75°、+1.5°、-0.75°
ライ角 +0.75°、+1.5°、-0.75°

スリーブの組み合わせ
パフォーマンスガイド
スリーブの組み合わせ
パフォーマンスガイド

SURE FITウェイト(ヘッド後方部についているおもり)は変えることができます。
(別売り¥3,850-)

しっかりたたけるTSR3ドライバー 試打検証

スカイトラックでのデータ
スカイトラックでのデータ

試打したクラブはTSR3 ロフト9度  シャフトTOUR AD IZ6 (フレックスS)
ヘッドスピード平均45.2m/s、ややドロー系のスイングでチャレンジです。

ヘッドスピードボール初速打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリートータル飛距離
1球目45.866.913.42011-334243266
2球目44.865.512.72396-285240260
3球目45.166.212.01914-173233260
平均45.266.212.72107-264239262

構えた時のヘッドの見え方はストレートで美しい。
たたいても左にフックしにくそう。
フェースが黒いので全体的にしまって見えます。
上から見た時、TSR2よりはヘッドが小さく見えます。
見た目は硬派なプロモデルですね。

打感はTSR2をさらに上回り抜群、最高
ボールがピッタリフェースに引っ付いてコントロールできる感じ。

ヘッドスピードはそれほど速くないですが、初速が速い
フェースに長くボールが乗り、弾きが強いのでしょう。
平均飛距離は262ヤード、よく飛んでいます。

バックスピンが平均2107回転と少ないので、風に強くランの多い弾道です。
ドロー強めのスイング軌道なのですがサイドスピンは少なめ

ヘッドの操作性が高いのでフェースターンしやすい。
しっかりボールをつかまえても曲がりが少ないですねー、シャフトの性能もあると思いますが。
ヘッドがしまって見えコントロールしやすい。

ナオ
ナオ

フッカー、ドローヒッターや曲がり幅を抑えたいゴルファーには超オススメ

スリーブの組み合わせ
パフォーマンスガイド
スリーブの組み合わせ
パフォーマンスガイド

可変式スリーブでロフト、ライ角が変えられます。
ロフト +0.75°、+1.5°、-0.75°
ライ角 +0.75°、+1.5°、-0.75°

SURE FITウェイト(ヘッド後方についているおもり)を左右にスライドさせれば弾道を 5段階に調整できます。
トゥ側に動かせばスライス、ヒール側でフック。
ウェイトも変えられます(別売り¥3850-)

ハイクオリティドライバー TSR スペック 

TSR2のヘッドのほうがつかまりが強く、球が上がりやすい。

TSR2のほうが上から見ると少し大きく見えます。

フェースの厚みは見た目にはほとんど変わりませんね。

TSR2ドライバー詳細スペック

ヘッド ロフト

9度 10度(8度、11度はカスタム)

シャフト

TSP111 50(純正カーボンシャフト)
フレックス重さトルクキックポイントバランスクラブ重さ
SR52g5.9度先中調子D3303g
S54g5.5度先中調子D3305g

(注)フレックスSRはTSR2ヘッドのロフト10度以外の場合特注になります。

TENSEI AV BLUE(最新純正シャフトです)
フレックス重さトルクキックポイントバランスクラブ重さ
S58g4.9中調子D4.0312g
TSP310 60(純正カーボンシャフト)在庫分で終了です
フレックス重さトルクキックポイントバランスクラブ重さ
S59g5.5度中調子D4312g
TOUR AD DI(おすすめカスタムシャフト)
フレックス重さトルクキックポイントバランスクラブ重さ
5S57g4.7度中調子D2309g
6S65g3.3度中調子D3317g

(注1)TSR2 ロフト9度の場合DI5のシャフトは特注使用になって定価が7700円高くなります。
(注2)TSR2 ロフト10度の場合DI6のシャフトは特注使用になって定価が7700円高くなります。
(注3)TSR3 ロフト10度の場合DI5DI6のシャフトは特注使用になって定価が7700円高くなります。

TOUR AD IZ(おすすめカスタムシャフト)
フレックス重さトルクキックポイントバランスクラブ重さ
5S56g4.4度中調子D2308g
6S63g3.2度中調子D3315g

(注1)TSR2 ロフト9度の場合IZ5のシャフトは特注使用になって定価が7700円高くなります。
(注2)TSR2 ロフト10度の場合IZ6のシャフトは特注使用になって定価が7700円高くなります。
(注3)TSR3 ロフト10度の場合IZ5IZ6のシャフトは特注使用になって定価が7700円高くなります。

グリップ

TSP111 50 TSP310 60 TENSEI AV BLUEシャフトの場合

ツアーベルベット・ラバー・360 フラットキャップ(M60)

TOUR AD DI TOUR AD IZシャフトの場合

Zグリップ(M60)

TSR3ドライバー詳細スペック

ヘッドロフト

9度 10度(8度はカスタム)

シャフト

TSP111 50
フレックス重さトルクキックポイントバランスクラブ重さ
S54g5.5度先中調子D3304g
TENSEI AV BLUE(最新純正シャフトです)
フレックス重さトルクキックポイントバランスクラブ重さ
S58g4.9中調子D4.0312g
TSP310 60在庫分で終了になります
フレックス重さトルクキックポイントバランスクラブ重さ
S59g5.5度中調子D4311g
TOUR AD DI
フレックス重さトルクキックポイントバランスクラブ重さ
5S57g4.7度中調子D2308g
6S65g3.3度中調子D3316g

(注1)TSR2 ロフト9度の場合DI5のシャフトは特注使用になって定価が7700円高くなります。
(注2)TSR2 ロフト10度の場合DI6のシャフトは特注使用になって定価が7700円高くなります。
(注3)TSR3 ロフト10度の場合DI5DI6のシャフトは特注使用になって定価が7700円高くなります。

TOUR AD IZ
フレックス重さトルクキックポイントバランスクラブ重さ
5S56g4.4度中調子D2307g
6S63g3.2度中調子D3315g

(注1)TSR2 ロフト9度の場合IZ5のシャフトは特注使用になって定価が7700円高くなります。
(注2)TSR2 ロフト10度の場合IZ6のシャフトは特注使用になって定価が7700円高くなります。
(注3)TSR3 ロフト10度の場合IZ5IZ6のシャフトは特注使用になって定価が7700円高くなります。

グリップ

TSP111 50 TSP310 60 TENSEI AV BLUEシャフトの場合

ツアーベルベット・ラバー・360 フラットキャップ(M60)

TOUR AD DI TOUR AD IZシャフトの場合

Zグリップ(M60)

TSR2 TSR3 ドライバー おすすめなゴルファー

どちらのヘッドが合う?

TSR2ヘッド

  • 直進性が強く、ひっかけにくい。
  • ヘッドのクラウン部分(上側)面積がやや大きく、安心感がある。
  • スライサー、フェードヒッター向き。
  • スイング時のヘッドターンが少ないゴルファーに合う。
  • インパクトがダウンブロー~シャローな入射角。

TSR3ヘッド

  • つかまりすぎを抑える(つかまるが曲がり少なめ)。
  • 弾道のふけ上がりを抑える。
  • ヘッドがしまって見えカッコいい。
  • フッカー、ドローヒッター向き。
  • 積極的にヘッドターンをするスイングに合う。
  • インパクトがアッパーブロー~シャローな入射角。

どのシャフトが合う?

TSR2、TSR3ともにメーカー推奨シャフト4種類の中から選ぶことができます。

純正シャフトがTSP111とTENSEI AV BLUE。(TSP310 60は在庫分で終了になります

標準カスタムシャフトがツアーAD DIとIZ(それぞれ50g台、60ℊ台のシャフトが用意されています)

ツアーADのDIとIZは少し前に発売されていたシャフトですが今も人気モデルです。

DI、IZ以外の他メーカーカスタムシャフトは定価が7700円以上高くなります。

ナオ
ナオ

他のカスタムシャフトより、おすすめカスタムシャフトのDI、IZが自分のスイングに合えばお得に購入できます

TSP111 50シャフト (純正シャフトで重さ、硬さ、普通) 適応ゴルファー

  • ヘッドスピード39~42m/s
  • ストレート、スライサー
  • 球を上げたい
  • フレックスSRが一番やわらかい

TENSEI AV BLUEシャフト (純正シャフトでしっかり、重量感ある) 適応ゴルファー

  • ヘッドスピード42~45m/s
  • 重量感のあるシャフトが好み
  • フックを防ぎたい
  • 球のふけ上がりを防ぎたい

TSP310 60シャフト  適応ゴルファー (在庫分で終了になります

  • ヘッドスピード41~44m/s
  • 重量感のあるシャフトが好み
  • しっかりつかまえたい(硬いシャフトが苦手)
  • 球のふけ上がりを防ぎたい

TOUR AD DI5 IZ5 (標準カスタムシャフトで重さは普通、硬さはやや硬め) 
適応ゴルファー

  • ヘッドスピード42~45m/s
  • しっかり感のあるシャフトが好み 
  • つかまりすぎは抑えたい 
  • DIは切り返しテンポが速め、IZはゆったり

TOUR AD DI6 IZ6 (標準カスタムシャフトで重め、硬さは硬め)
適応ゴルファー

  • ヘッドスピード44m/s以上
  • 硬めのシャフトが好み
  • 左にフックさせたくない
  • 弾道を抑えたい
  • DIは切り返しテンポが速め、IZはゆったり

タイトリスト TSR2 TSR3 ドライバーの総合評価

ヘッドとシャフトの組み合わせによって様々な特徴を見せるTSRシリーズ。標準シャフトフレックスで最も柔らかいシャフトはTSP111 フレックスSR

どの組み合わせにするとしてもドライバーのヘッドスピードは40m/s以上は欲しいところ。

球をつかまえ高い球を打つならTSR2 ロフト10度 TSP111 フレックスSR
反対に左にフックさせず低い球を打ちたいならTSR3 ロフト9度 ツアーAD IZ6

特にTSR3のヘッドとツアーAD(DI6 IZ6)の組み合わせはしっかりつかまえてもフックの曲がりが少なくなる性能になっています。

ツアーAD DI6は全体的に硬さを感じるシャフト。
切りかえしのテンポが速いゴルファー。

ツアーAD IZ6は手元のしなりを感じます。
切り返しがゆったりのゴルファー。

スライスで困っているゴルファーはTSR2ヘッドにTSP111のシャフト、ヘッドスピードが速いならTENSEI AV BLUEシャフトの組み合わせがいいでしょう。

ナオ
ナオ

どちらのヘッドを選んでも硬派なフェースでカッコいい

PGAツアーで効果、性能は実証済み、多くのトッププレーヤーが選ぶTSRドライバー。
最高の打感と美しいフォルムのTSRドライバーを手に入れてみませんか?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

1W DRIVER
スポンサーリンク
シェアする
ナオをフォローする