【Qi10レスキュー】試打レビュー 飛距離、やさしさ、性能を徹底検証 テーラーメイド

スポンサーリンク
※当サイトのコンテンツには広告が含まれています。
スポンサーリンク

テーラーメイドより2024年最新モデル
Qi10 RESCUE」「Qi10 MAX RESCUE」が発売されました。

「もう、あのミスに泣かなくていい!」

そう断言できる、驚異の飛距離とやさしさを兼ね備えた新世代レスキューが誕生しました!(テーラーメイド談)

ナオ
ナオ

クラブフィッターのナオです
25年以上、ゴルファーのクラブ選びをサポートしています

Qi10レスキューには「Qi10」「Qi10 MAX」「Qi10 TOUR」の3モデルあります。
「Qi10 TOUR」はセレクトショップ限定商品のため「Qi10、Qi10 MAX」を紹介します。

Qi10レスキューの番手構成は
#3(19度)、#4(22度)、#5(25度)、#6(28度)、#7(カスタム 31度)
※左用は#4、#5のみ

Qi10 MAXレスキューの番手構成は
#3(20度)、#4(23度)、#5(27度)、#6(31度)

Qi10の#7(カスタム)、Qi10 MAXの#6はロフト31度。
アイアンの6番、7番の代わりになります。

「Qi10」は、あなたのゴルフをどのように変えてくれるのか?

「飛距離」「やさしさ」「性能」の3つのポイントに焦点を当て、試打データや詳細な分析結果を交えながら、その実力を余すところなくお伝えします。

その他メーカーの人気ユーティリティについては↓記事をご覧ください。

Qi10ドライバーについては↓記事をご覧ください。

Qi10フェアウェイウッドについては↓記事をご覧ください。

前作モデルステルス2レスキューについては↓記事をご覧ください。

Qi10レスキューが合うゴルファーは

  • 飛距離性能、コントロール性の高いユーティリティが欲しい
  • つかまり過ぎのフックを嫌う
  • 小ぶりで顔のいいユーティリティを好む
  • フェアウェイウッドが苦手、飛距離がでるユーティリティが欲しい(#3 19度)
  • 5番、6番アイアンの代わりになる簡単なユーティリティが欲しい(#6 28度、#7 31度)

Qi10レスキューのシャフトは
Diamana BLUE TM60カーボン フレックスR(約60g)、S(約68g)
N.S.PRO® 820GHスチール フレックスS(約97g) 

本体価格(定価)
純正カーボン ¥50,600(税込)
純正スチール ¥47,300(税込)

Qi10 MAXレスキューが合うゴルファーは

  • 打点が広く、簡単に球が上がるユーティリティが欲しい
  • スライスは嫌だ
  • つかまりが強く飛距離性能の高いモデルが欲しい
  • 安心感のある大きめシャローなヘッドを好む
  • 5番、6番アイアンの代わりになる簡単なユーティリティが欲しい(#5 27度、#6 31度)

Qi10 MAXレスキューのシャフトは
Diamana BLUE TM60カーボン フレックスR(約60g)、S(約68g)

本体価格(定価)
純正カーボン ¥50,600(税込)

ナオ
ナオ

Qi10、Qi10MAXともに前作との違いは寛容性
飛距離よりもやさしさ、上がりやすさです

スポンサーリンク

Qi10 RESCUE #4(22度) Diamana BLUE TM60カーボンシャフト フレックスS 試打検証

ドライバーのヘッドスピード43m/s、平均飛距離230ヤード、ストレート~フェードヒッターの設定で試打。

スカイトラックでのデータ画像
ヘッドスピード打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目38.720.14485208190198
2球目40.714.9496169189196
3球目40.416.95658385193200
平均39.917.35035221191198
サイドスピン(+スライス-フック)

小ぶりでシャープなヘッド形状が構えやすい。

インパクトは弾き感があり、心地よい打音。

打球はバックスピン適量で高く上がります。

平均キャリーは191ヤード

3番アイアン、9番ウッドの飛距離です。

Diamana BLUE TM60カーボンはしっかりしていますが振りやすいシャフトです。

バックスピンが多めでコントロールしやすい。
フック、スライスも意図してかけることができます。

ナオ
ナオ

ステルス2と比べると飛距離性能はおちますが、寛容性と球の上りが良くなっています

参考飛距離
ドライバーのヘッドスピード43m/s、平均飛距離230ヤードの場合

#3#4#5#6#7
200y~190~200y180~190y170~180y160~170y
参考飛距離 (#7は前に行かず上に飛ぶ)

Qi10 MAX RESCUE #4(22度)N.S.PRO® 820GHスチールシャフト フレックスS 試打検証

ドライバーのヘッドスピード45m/s、平均飛距離250ヤード、止めに行くような打ち方で試打

スカイトラックでのデータ画像
ヘッドスピード打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目42.416.24485-64207213
2球目43.316.74961499201207
3球目42.715.15658404196201
平均42.816.05036280201207
サイドスピン(+スライス-フック)

球がよく上がります。

シャフトの影響か左にいきません。

平均のキャリーは201ヤード

この飛距離でランが6ヤードは素晴らしい。
落ちてからのランがあまりないのでグリーンをしっかりキャッチ。

ヘッドの回旋を抑えて打ったのでバックスピンがかかりよく上がります。
飛ばしに行く場合は、フェース芯やや上部に当てればバックスピンが減り前に行きます。

ナオ
ナオ

うたい文句よりは低スピンになりませんでした
高弾道でコントロール性が高い

参考飛距離
ドライバーのヘッドスピード45m/s、平均飛距離250ヤードドローヒッターの場合

#3#4#5#6#7
210y~195~205y185~200y170y~160y~
参考飛距離(#6、#7は球が上がりすぎるかも)

Qi10 MAX RESCUE #4(23度)Diamana BLUE TM60カーボンシャフト フレックスR 試打検証

ドライバーのヘッドスピード40m/s、平均飛距離210ヤードのゴルファー設定で試打。

スカイトラックでのデータ画像
ヘッドスピード打ち出し角バックスピンサイドスピンキャリー飛距離
1球目37.719.64400-63173178
2球目37.020.23944-171171177
3球目39.119.55755626173177
平均37.919.84700197172177
サイドスピン(+スライス-フック)

Qi10MAXはヘッドが少し大きく、厚みを感じないので、構えた時の安心感がQi10よりあります。
ユーティリティが苦手で少し大きめのヘッドが好みならMAXですね。

抜群の球の上がりやすさとつかまり。

平均のキャリーは172ヤード

落ちてからのランはほとんどないのでバンカー越えのショットも問題なし。

寛容性が高く、少々芯を外しても飛距離は変わりません。

フェースが少し開いてインパクトしたのですが全然スライスしない。

ナオ
ナオ

抜群に球が上がりやすい、簡単

ロングアイアンはもう要りませんね

打ち方によって飛距離が変わります。
飛ばしたい場合は厚めにインパクト。

参考飛距離
ドライバーのヘッドスピード40m/s、平均飛距離210ヤードゴルファーの場合

#3#4#5#6
175~185y165~180y155~165y140y~
参考飛距離 (#5、#6はアイアンより簡単)

Qi10 Qi10 MAX レスキュー テクノロジー スペック

高弾道で狙う Qi10レスキュー

高弾道かつ低スピン

「Qi10」レスキューでは、「内蔵スプリットウェイト」を搭載。ヘッド前方と後方にウェイトを配置し、低い重心位置に設計することで、高弾道かつ低スピンを実現。さらにフェースには、番手別にICTフェースを最適化する「オプティフェース」と、弾道のバラつきを低減して直進性が向上する「ツイストフェース」を搭載。

テーラーメイドカタログより引用
番手#3#4#5#6#7
ロフト角(度)1922252831
ライ角(度)5858.55959.560
カーボンクラブ長(インチ)40.7539.2539.7539.2538.75(カスタム)
スチールクラブ長(インチ)40.54039.53938.5(カスタム)

ヘッド素材・フェース素材
ステンレススチール(450SS)+カーボンクラウン・ステンレススチール(450SS)

#7はカスタム。

左用設定は#4、#5のみ。

真っすぐに狙う Qi10 MAXレスキュー

やさしさMAX

「Qi10 MAX」レスキューは、「内蔵リアウェイトリング」をヘッド後方に配置し、重心位置を最も低くさせることで3モデルの中で一番高い寛容性を実現。ハイロフトの大型シャロ―ヘッド設計で安心感があり、高弾道でさらなる飛距離に貢献。さらにフェースには、番手別にICTフェースを最適化する「オプティフェース」と、弾道のバラつきを低減して直進性が向上する「ツイストフェース」を搭載。

テーラーメイドカタログより引用
番手#3#4#5#6
ロフト角(度)20232731
ライ角(度)5959.56060.5
カーボンクラブ長(インチ)40.7540.2539.7539.25

ヘッド素材・フェース素材
ステンレススチール(450SS)+カーボンクラウン・ステンレススチール(450SS)

左用設定は無し。

2種類の標準シャフト 適合ゴルファーは?

2種類の標準シャフトがあります。(Qi10 MAXはカーボンシャフトのみ

カーボンシャフトのDiamana BLUE TM60としっかり叩けるスチールシャフトN.S.PRO 820GH です。

Diamana BLUE TM60 カーボンシャフト

フレックスRS
重量(g)約60約68
クラブ重量(g)
#3
約337約346
トルク(度)3.02.8
キックポイント

重量感があり、しっかりしたシャフトです。

トルクがしぼられ、先端剛性も強いため方向性がよく打球をコントロールしやすい。

ナオ
ナオ

重さに任せて振り下ろしやすい
頼りないシャフトではありません

グリップ
TM Tour Velvet 360 Black/Blue CP
高径60 47.5g

N.S.PRO 820GH スチールシャフト

フレックスS
重量(g)約97g
トルク(度)2.2
キックポイント先中
総重量 約376g D4(#3・N.S.PRO 820GH S)

Qi10レスキューのみの標準設定
Qi10MAXモデルの場合はカスタム(特注)になります。

NSプロ820GHシャフトは重量が97g。
現在使用しているアイアンのシャフトは100g以上が推奨です。(短くなるにつれて総重量を重くする)

しっかり振ってもしなりすぎずねじれない。
カーボンシャフトではふけ上がったり、曲がってしまうゴルファーにおススメです。

ドライバーのヘッドスピードは44m/s以上くらいは欲しいところ。

ナオ
ナオ

前作ステルス2レスキューの標準スチールシャフトの重量から10gほど軽量化されました

グリップ
TM Tour Velvet 360 Black/Blue CP
口径60 47.5g

Qi10 Qi10 MAX ユーティリティ 評価 まとめ

コントロール性能に優れたQi10レスキュー。

つかまりと高弾道に特化したQi10MAXレスキュー。

ユーティリティクラブとしてはプロ使用率の高いテーラーメイドのレスキューシリーズですが、今回のQi10シリーズも人気モデルになりそうです。

前作ステルスよりも簡単に上がります。
飛距離よりも寛容性重視ですね。

ドライバーのヘッドスピード毎の対応シャフト目安

「37~39m/s」 Diamana BLUE TM60 フレックスR

「40~44m/s」 Diamana BLUE TM60 フレックスS

「44m/s~」 N.S.PRO® 820GH フレックスS

参考にしてください。

(注)あくまで目安です。スイングタイプ、パワー、テンポ、好みでもスペックは変わります。


最後までお付き合いいただきありがとうございました。

FAIRWAY UTILITY
スポンサーリンク
シェアする
ナオをフォローする