【50歳からのよく飛ぶドライバー】スイングタイプ別 おすすめ9選 2024最新

スポンサーリンク
※当サイトのコンテンツには広告及び、商品プロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

50歳を過ぎるとドライバーショットが曲がらなくなり、スコアは安定するのだけど「今まで飛んでいたところまでいかなくなってきた」という悩みを持つゴルファーが増えてきます。
衰えてきた筋力をトレーニングによって復活させることは大変。

しかしヘッドスピードが落ちたとしてもスイングタイプに合ったドライバーを選ぶことで、飛距離アップを実現することは十分に可能です。

若い頃のようにハードスペックなクラブをガンガン振っていた時とはもう違います。
ゴルフの腕も脂がのってきた「いい年代」。
もう1度あの頃のような飛距離を最新技術の詰まったドライバーで優雅に取り戻してみませんか?

本記事では、プロのクラブフィッターとして20年以上ゴルファーのクラブ選びをサポートしてきた筆者が「50歳からのスイングタイプ別おすすめのドライバー」をご紹介します。

ナオ
ナオ

クラブフィッターのナオです
私もクラブに助けられる歳になってきました

50代でも筋力、ヘッドスピード、スイングタイプは人それぞれ。
自分に合ったドライバーを使えば、まだまだ飛距離は伸ばせます。

50歳の平均
(25年以上ゴルファーを見てきた個人的見解)

ドライバー平均ヘッドスピード約40m/s
平均飛距離約200ヤード(よく飛んだ時ではなく平均です)

ナオ
ナオ

250ヤードをバンバン打つエンジョイゴルファーはごく少数
まずは220ヤード以上を目指しましょう。十分勝負になります

お勧めする商品のシャフトは全て純正シャフトです。

適応するドライバーのヘッドスピードは37~43m/s。
ヘッドスピード、44m/s以上のハードヒッターはカスタムシャフトで対応してください。

※2024年、新商品が発売されるタイミングで紹介するドライバーも増えていきます

オススメするドライバーは

スイングスピードに不安があるゴルファー向け

ダンロップ ゼクシオ13
定価 ¥92,400(税込)

ブリヂストン B2HT
定価 ¥85,800(税込)

プロギア SUPER EGG(ルール不適合)
定価 ¥132,000(税込)

スライサー用

ピン G430SFT
定価 ¥93,500(税込)

ヤマハ RMX VD X
定価 ¥92,400(税込)

ダンロップ スリクソンZX5 MkⅡ
定価 ¥79,200(税込)

ドローヒッター用

タイトリスト TSR3
定価 ¥93,500(税込)

ヤマハ RMX VD M
定価 ¥92,400(税込)

ピン G430LST
定価 ¥99,000(税込)

ヘッドスピードが遅くても飛ぶドライバー】については↓記事もご覧ください。

スライサーにおススメのモデル】については↓記事もご覧ください。

ドローヒッターにおススメのモデル】については↓記事もご覧ください。

スポンサーリンク

スイングスピードに不安があるゴルファー向けドライバー

スイング画像

スイングスピードに不安があるゴルファーは、ヘッドスピードを上げやすいドライバー、ヘッドの弾きが強いドライバーを選ぶことが重要です。

具体的には

  • 重量が軽く、シャフトが適度に長いクラブ
  • シャフトのしなり戻りが速いモデル
  • 反発力が高いヘッド(高反発モデル)

おすすめドライバー1 ダンロップ 「XXIO13」

定価 ¥92,400(税込)

アベレージモデルの代表的ブランド「ゼクシオ13ドライバー」。
重心が低めで、打点が大きく、打球が上がりやすいドライバーです。

クラブ重量は281g(R)、ヘッド体積460㎤、長さ45.5インチ。
計量でヘッドスピードを上げやすいため飛距離アップを狙えます。
スイングスピードに不安があるゴルファーには超おすすめ。

純正のMP1300シャフトは先端が軟らかく、俊敏にしなりもどります。

ナオ
ナオ

純正シャフトの性能が凄い
ヘッドスピードが2~3m/s上がるような感覚です

対象ゴルファーは

  • ヘッドスピード36~43m/s
  • スライサー、フェードヒッター
  • 弾道が低い
  • 芯をよく外す
  • 甲高い爽快な打球音が好み

芯が広いから打点が多少外れても安心。
トランポリンみたいに大きく弾みます。

ヘッド上部ヒール側にある「ActivWing」
トップ~スイング前半時に空力性能を向上させ、ヘッド挙動を安定させるらしいですが、正直その効果は体感できませんでした。
「何となく振りやすいな~」って感じです。

実際にフィッティングを受けて購入されたゴルファーの感想
「体力の衰えのせいか最近ヘッドスピードがグンと落ちていました。XXIO13ドライバーは重量が軽く、しなり戻りが速いシャフトのおかげで以前のヘッドスピードを取り戻したかの様。XXIOブランドは使用者が多く他のゴルファーとかぶることもありますが、飛距離もバッチリ、気に入っています。」

XXIO13ドライバーについての詳細は↓記事をご覧ください

おすすめドライバー2 ブリヂストン「B2 HT SPEEDER NX BS40」

定価 ¥85,800(税込)

ブリヂストンと言えばハードなイメージがあるゴルファーもいると思いますが、B2HTドライバーは純正シャフトでSPEEDER NX BS40という軽量のシャフトが選択できます。

クラブ重量は286g、ヘッド体積460㎤、長さ45.5インチ。
SPEEDER NX BS40は中調子ながら爽快な走りを感じるシャフトです。
つかまりが強く、打ち出しが高いのでダウンブローのフェードヒッターにピッタリ。
フェースアングルがストレートに近いのでドローヒッタでも安心して振りきれます。

ナオ
ナオ

ギラギラ光る「スリップレスバイトミーリング」フェースがボールをガッチリとらえ強弾道を生み出します

対象ゴルファーは

  • ヘッドスピード35~39m/s
  • スライサー、フェードヒッター
  • 弾道が低い
  • 芯をよく外す
  • ちょうどいい打音

所属プロも使用するモデルながら、ヘッドスピードが遅くてもマッチするB2HTドライバー。

実際にフィッティングを受けて購入されたゴルファーの感想
「球が上がりにくく、いつもスライスで悩んでいたのにB2HTドライバーのおかげで弾道の高さが適正、つかまった強いボールで飛距離も大幅アップ。ブリヂストンのモデルって上級者用のイメージがあったのですが簡単。私にも使えて嬉しいです。」

B2HTドライバーについての詳細は↓記事をご覧ください

おすすめドライバー3 プロギア「SUPPER EGG」(高反発)

【高反発ドライバー】 プロギア スーパーエッグ ドライバー SUPER EGG専用 カーボンシャフト PRGR ゴルフ

定価 ¥132,000(税込)

高反発モデル(ルール不適合)です。

クラブ重量は282g(R)ヘッド体積485㎤、長さ45.75インチ。
他社平均を上回る「高い反発」と「広い高反発エリア」(ルール適合外)
上下のフランジ部までたわみエリアが拡がり、ボール初速アップを実現。

やさしさだけではなく、低スピンの強弾道を追求。
高初速性能と、やさしさをキープしながら、強さを手に入れた。
適度につかまる、上がりやすい。

SUPER EGGドライバーについての詳細は↓
プロギア公式ホームページ

ナオ
ナオ

競技に出ることはなく遊びでやるのであれば超オススメ
昔の飛距離を取り戻せるかも

対象ゴルファーは

  • ヘッドスピード33~39m/s
  • 1ヤードでも前に飛ばしたい
  • 弾道が低い
  • 芯をよく外す
  • 甲高い爽快な打球音が好み

芯が広いから打点が多少外れても安心。
バックスピン少なめの弾道で落ちてからゴロゴロよく転がります。

実際にフィッティングを受けて購入されたゴルファーの感想
「競技に出ることもないし、プライベートで楽しむだけのゴルフ。だったら1ヤードでも前に飛んだほうが嬉しいんです。独特の打感、打音でビックリしますが、EGGドライバーはすごい。またゴルフに行くのが楽しみになってきました。」

<ご注意>
SUPER egg ドライバーは用具ルールに適合しておりません。
プライベートでのゴルフプレーのみご使用ください。
商品に支障をきたす場合がありますので、ヘッドスピード43m/s以上の方は打たないでください。

スライサー用ドライバー

スイング画像

スライサーはインパクトでフェースが開きやすい、カット軌道で打っているのでボールが右に曲がりやすいという特徴があります。
クラブ選びでは左サイドに真っすぐ飛ぶドライバーを選択します。(まっすぐ飛ばそうとして自然にカットスイングが治るかも)

具体的には

  • インパクトでフェースが開きにくいクラブ
  • ヘッドが返りやすいモデル
  • トルクがゆるく、先端がしなるシャフト

インパクトでフェースが開きにくい、もしくはヘッドが返りやすいドライバーを選ぶことが重要です。

おすすめドライバー1 ピン「G430SFT」

定価 ¥93,500(税込)

カット軌道のゴルファー向け

つかまるヘッドに弾道調整機能を初搭載。

クラブ重量は約293g(ALTA J CB R)、ヘッド体積460㎤、長さ45.75インチ。
ドロー設計、極薄反発フェース、高初速でこれまでにない最高の激飛びSFT。

人気のピンゴルフG430シリーズで1番つかまるモデル。
新サウンドリブにより打点がぶれても快音を生み出します。

ナオ
ナオ

艶消しブラックの硬派なヘッド
先端のしなりが強いシャフトとのマッチングもよくスライサーにとっての救世主です

対象ゴルファーは

  • 球をつかまえたい、スライスは嫌だ
  • 高弾道の球を打ちたい
  • 芯の広い簡単なモデルを使いたい
  • インパクトでフェースがひらきやすい

弾道調整機能付き
ウェイト調整は2パターン。
ヒール側に動かして装着すると最高のつかまりになります。

SFTヘッドとトルクレンチ
真ん中(ドロー) ヒール側(ドロー+)

実際にフィッティングを受けて購入されたゴルファーの感想
「どれだけ振ってもスライスに悩まされていた以前の私。おススメされたG430SFTドライバーを打ってみてびっくり。ヘッドの重量感はありますが、スライスがフェードボールに。これなら勝負になります。」

G430SFTドライバーについての詳細は↓

おすすめドライバー2:ヤマハ「RMX VD X 」

定価 ¥92,400(税込)

カット軌道のゴルファー向け

大きめなインパクト音で弾き感が強め。

クラブ重量は約299g(TENSEI TR SR)ヘッド体積460㎤、長さ45.5インチ。
飛びの三要素といわれるボール初速・打ち出し角・スピン量の全てを最適化させたフェース構造とヘッド形状により、驚きの飛びを生み出します。

ヘッドの見た目がクールでカッコいい。
ヘッドが回旋しやすいのではなく開きにくい性能でスライスを防ぐ。
初速が速く、芯を食ったらビックリするくらい飛びます。

ナオ
ナオ

ヘッド後方の可変式ウェイトをヒール側に付け、可変式スリーブをアップライにすればつかまり最強

対象ゴルファーは

  • ヘッドスピード37~43m/s
  • スライサー、フェードヒッター
  • 飛ばしたい
  • 芯をよく外す
  • 甲高い爽快な打球音が好み

ボールを包み込むようなヘッド形状で安心感抜群。
バックスピン少なめの高弾道でパワーフェードが手に入ります。

弾道調整機能付き
ウェイト調整は4パターン。
ヒール側に動かして装着すると最高のつかまりになります。

RMX VD Xドライバーヘッドのウェイト調整機能
ヒール側 ドロー

実際にフィッティングを受けて購入されたゴルファーの感想
「構えた時の安心感があり、実際に打ってみると抜群のつかまり。弾道がバックスピン少なめのボウ球なのでアゲインストに強くランもよく出ました。今まではキャリーのみでランがなかったのでびっくりしています。」

RMX VD Xドライバーについての詳細は↓

おすすめドライバー3:ダンロップ「スリクソンZX5 MkⅡ」

定価 ¥79,200(税込)

プッシュアウトを防ぎたい
ゴルファー向け

ダンロップのプロモデルです。
意外にもこの「スリクソンZX5 MK2」が良くつかまる。
同時発売の「ZX5 LS MK2」は全然つかまらないので間違えないよう注意してください。

クラブ重量は約300g(SR)ヘッド体積460㎤、長さ45.25インチ。
簡単につかまり高弾道。

ヘッドが開きにくいというよりは回転しやすい。
緩めな純正シャフトトルクとの相乗効果で抜群のつかまり易さを誇ります。

ナオ
ナオ

フェースが開きやすいゴルファーと相性ピッタリ
ヘッドが返りやすいのでつかまった強弾道が打てます

対象ゴルファーは

  • ヘッドスピード38~43m/s
  • フェードヒッター、ドローヒッター
  • プッシュスライスが多い
  • 高弾道を好む
  • 顔のいいヘッドが好み
純正シャフト

芯が広いから打点が多少外れても安心。
つかまった強弾道でビックボールが打てます。

実際にフィッティングを受けて購入されたゴルファーの感想
「スリクソンと聞いてちょっと難しそうだなーと思っていたのですが、打ってみるとビックリ。インパクトでボールをしっかり喰いつかせスライスさせません。ヘッドもマットブラックでカッコいいですね。」

スリクソンZX5MK2ドライバーについての詳細は↓

ドローヒッター用ドライバー

スイング画像

ドローヒッターはインパクトでフェースが閉じやすい、インサイドアウトの軌道が強いためボールが左に曲がりやすいという特徴があります。
右プッシュも怖いのですが主にチーピンを警戒してクラブ選びを行います。

具体的には

  • インパクトでフェース向きをコントロールしやすいクラブ
  • ヘッドが返りすぎてインパクトしても曲がりが少ないモデル
  • ヘッドが返りすぎないヘッド、トルクしっかりのシャフト

つかまりすぎない、ヘッドコントロールしやすいモデルがマッチします。
ヘッド上部(クラウン)の面積が大きいシャローフェースモデルよりはクラウン部分の面積の小さいヘッドが好まれる。
ヘッドの回旋を大きく使わないゴルファーはシャローフェース、重心が長いモデルもオッケー。
返りにくいヘッドがフックを防いでくれます。

おすすめドライバー1:タイトリスト「TSR3」

定価 ¥93,500(税込)

フェースコントロールしたい
ゴルファー向け

タイトリストの硬派なモデルです。
ヘッド体積は460㎤なのですがディープヘッドで小ぶりに見え、カッコいい。
1番の特徴は吸い付くような軟らかい打感。

クラブ重量は約312g(TENSEI AV BLUE55 S)ヘッド体積460㎤、長さ45.5インチ。

プロモデルっぽいヘッドですが以外によくつかまります。
つかまりすぎても曲がりは小さめ、コントロール性の高いドライバーです。

ナオ
ナオ

プッシュアウトしやすいドローヒッターにも相性ピッタリ
ヘッドがかえりやすいので安定したドローも打てます

対象ゴルファーは

  • ヘッドスピード41m/s~
  • フェードヒッター、ドローヒッター
  • しっかりつかまえてドローを打ちたい
  • つかまり過ぎた時の曲がりを抑えたい
  • 顔のいいヘッドが好み

タイトリストの可変式スリーブは組み合わせがややこしいので↓表を参考にしてください。

スリーブの組み合わせ
パフォーマンスガイド
スリーブの組み合わせ
パフォーマンスガイド

PGAツアーで効果、性能は実証済み、多くのトッププレーヤーが選ぶTSRドライバー。
最高の打感美しいフォルムが特徴的です。

実際にフィッティングを受けて購入されたゴルファーの感想
「ヘッド形状、デザインがクールでめちゃくちゃカッコいい。キャディバッグに入っているだけでテンションが上がります。実際に使用してみても、インパクトでのボールの喰いつき感、軟らかい打感が最高で弾道コントロールも自由自在です(笑)」

タイトリストTSR3ドライバーについての詳細は↓

おすすめドライバー2:ヤマハ「RMX VD M」

定価 ¥92,400(税込)

フェースコントロールしたい
ゴルファー向け

「RMX VD/M」は左への曲がりを抑える効果があるため、フックが出やすいゴルファーにオススメ。
フェース・バック方向のウェイト調整機能を搭載。
重心深度を変え、弾道の高さをコントロールできます。

クラブ重量は約302g(TENSEI TR)ヘッド体積460㎤、長さ45.5インチ。
ふけ上がりを抑えたバックスピンが少なめの強弾道。

飛びの三要素といわれるボール初速・打ち出し角・スピン量の全てを最適化させたフェース構造とヘッド形状により、驚きの飛びを生みだします。

ナオ
ナオ

バックスピン少なめの強弾道
つかまり過ぎを抑えるヘッドでしっかり振っていけます

対象ゴルファーは

  • ヘッドスピード38~43m/s
  • フェードヒッター、ドローヒッター
  • チーピン、大きめフックを恐れている
  • 低弾道を好む
  • 顔のいいヘッドが好み
RMX VD Mドライバーヘッドのウェイト調整機能

フェース・バック方向にウェイト調整機能を搭載。
弾道の高さを自在にコントロールできます。

実際にフィッティングを受けて購入されたゴルファーの感想
「過去1番の飛距離を達成。弾道が強く左に行かない。打感はしっかりめで弾き感はあります。ウェイト調整機能で弾道の高さをコントールできるのもいいですね。ほとんどさわりませんが(笑)」

ヤマハVD/Mドライバーについての詳細は↓

おすすめドライバー3:ピン「G430LST」

定価 ¥99,000(税込)

フェースコントロールしたい
ゴルファー向け

人気のピンG430 シリーズの1機種。

クラウンに軽量カーボン素材を採用し、低スピンの激飛びLST。
これまでで最もぶれないヘッドへ進化。
440CCの小ぶりで操作性のあるヘッドが、強弾道&低スピンで最大飛距離を生み出す。
上下のミスヒットでも最適なスピン量と弾道で最大キャリーを実現。

クラブ重量は約309g(ALTA J CB BLACK S)ヘッド体積440㎤、長さ45.75インチ。
簡単につかまり高弾道。

ヘッドが小ぶりで回転しやすい。
ヘッド重心設定のおかげで曲がりが少ない。

ナオ
ナオ

左を気にせずしっかり振っていけます
打感は前回のG425と違い、おとなしめ

対象ゴルファーは

  • ヘッドスピード40m/s~
  • フェードヒッター、ドローヒッター
  • つかまり過ぎを抑えたい
  • 大きすぎずスッキリ見えるヘッドが好み
  • 積極的にヘッドターンをするスイング

弾道調整機能付き
ウェイトを真ん中からヒール側に動かして装着すればドロー。
トゥ側に移動して装着すればフェード設定です。

G430LSTのウェイト調整機能

ピンG430LSTドライバーについての詳細は↓

まとめ

50歳からの飛距離アップには、スイングタイプに合ったドライバーを選ぶことが重要です。
今回ご紹介したドライバーは、いずれも、各スイングタイプに適した特徴を備えています。
ぜひ、自身に合ったドライバーを見つけて、飛距離アップを目指してみてください。

スイングタイプ別おすすめドライバー

スイングタイプおすすめドライバー特徴
スイングスピードに不安があるXXIO13B2 HT、SUPER EGGヘッドスピードを上げやすい
高反発(EGG)
スライサーG430SFTRMX VD XZX5MK2右に曲がりすぎない
ドローヒッターTSR3RMX VD/MG430LST左に曲がりにくい

今回紹介したモデルは2023年~2024年モデル。
商品の切り替え時期であるキャロウェイ、テーラーメイドはおススメに入っていません。
(キャロウェイ、テーラーメイドは毎年2月にモデルチェンジになります)
新しいクラブが登場し、性能や使用したゴルファーのレビューが入りましたら記事を更新していきます。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

1W DRIVER
スポンサーリンク
シェアする
ナオをフォローする
golfer-nao